• ホーム
  • まつげ育毛剤で副作用が出てしまったら、病院での治療と薬の処方を受けよう

まつげ育毛剤で副作用が出てしまったら、病院での治療と薬の処方を受けよう

2020年04月08日
きれいなまつげを持っている女性

まつげ育毛剤を使っていくときに注意が必要なポイントになるのが、副作用の問題です。目のかゆみや充血だけではなく、色素沈着の問題が出るケースも見られます。色素沈着が出てしまうと、目の周りが黒っぽくシミになるなどの症状が出る可能性もあります。そのような症状が出ないように注意して使いましょう。では、まつげ育毛剤による副作用を避けるためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。そのポイントの1つが、まつ毛以外の場所に薬の成分が付着しないようにするというものです。色素沈着が起きてしまう原因というのが、まぶたなどに薬の成分が付着してしまうことです。適量をまつ毛に付けることやまぶたをクリームなどで保護してから塗布することで、副作用のリスクを下げられます。

また目のかゆみや充血などの問題が起きる理由の1つが、目の中に薬の成分が入ってしまうということです。誤って薬の成分が目の中に入らないように、注意しながら使うことを忘れないようにしましょう。実際にまつげ育毛剤を使うときに特に注意が必要となるのが、虹彩色素沈着に関する問題です。虹彩色素沈着というのは、黒目の部分である虹彩の色が濃くなってしまう現象です。一度虹彩の色が変わってしまった場合、元に戻すことはできません。そのため何らかの異変があったときには、そのまままつげ育毛剤を使い続けずに病院へ行って相談することが大切です。

虹彩色素沈着だけではなく、眼圧が低下してくぼみなどの問題が出る可能性もあります。まつげ育毛剤は緑内障の治療薬として使われていたものなので、健康な人の瞳に入ると必要以上に眼圧を下げてしまう可能性もあります。くぼんでしまうと元の状態には戻らないので注意しましょう。実際にまつげ育毛剤を使うとき、副作用が出ても問題はないと考える方もいるかもしれません。ですが最初は小さな問題だとしても、放置しているとさらに大きな問題に発展するケースも見られます。そのため違和感がある場合には、そのまままつげ育毛剤を使用し続けずに病院へ行って相談することが大切です。

早めに病院へ行って相談することによって、トラブルを最小限の被害で食い止めて問題を解決することにもつながります。病院へ行くことで、薬の処方などの方法で適切に対応してもらえます。トラブルが大きくなる前に、薬を処方してもらうなどの形で早めに副作用の問題を解決できるようにしましょう。不安な点があったら、まずは相談に行ってみるということも大切です。