• ホーム
  • まつ毛も体毛だということをお忘れなく!毛周期に合わせて育毛に励む

まつ毛も体毛だということをお忘れなく!毛周期に合わせて育毛に励む

2020年02月19日
目がきれいな女性

まつ毛を長く育てたいというときに、忘れてはならない点が存在しています。そのポイントというのが、髪の毛と同様に体毛であるという点です。そして人の体の体毛には、毛周期というものが存在しています。育毛を考えているのであれば、毛周期と合わせて育てていけるようにすることが大切です。

ここでポイントになるのが、毛周期というのはどのようなサイクルで進んでいくものなのかという点です。毛周期といっても、毛が成長する期間とそうではない期間などに分けることが可能です。もしも成長期にあたる部分が少なくなってしまうと、長くなる前に抜けてしまうことになります。体毛を育てたいという場合には、成長期に栄養を与えて十分な長さにまで伸ばせるように工夫していくことが大切です。では成長期を長くして毛を育てるためには、どのような工夫が必要になるのでしょうか。そのための選択肢の1つとしてあげられるのが、まつ毛育毛剤を使っていくというものです。育毛剤を使うことによって、成長期を十分に確保して毛を伸ばしやすい環境を作っていくことが可能です。

また、まつ毛育毛剤に頼るだけではなく、自分で環境を整えていくというのも大切なポイントの1つです。育毛剤というのは体の外側からまつ毛に栄養を与える行為でもあります。外側から栄養を与えても、内側の栄養が不足していたら毛は伸びにくくなってしまうかもしれません。そこで食事などに気を使うことで、内側から栄養を与えていくことが可能です。

もしも食事から摂取する栄養バランスが偏っている場合、まつ毛に十分な栄養が行き渡らずに十分に成長しにくくなります。栄養バランスだけではなく、成長を促進しやすいように睡眠時間を十分に確保することも大切です。また、まつ毛の成長期の段階でも、外的要因のダメージが大きいと途中で抜けてしまうこともあります。外的要因の1つとしてあげられるのが、メイクなどによるダメージです。濃いメイクや大雑把な洗顔は、まつ毛にダメージを与えて伸びる前に抜けやすくする行為です。十分な長さまで育てられるように、普段のメイクや洗顔方法の注意点を把握しておきましょう。ほかにも毛周期の成長期にまつ毛が伸びやすいように、不要なダメージを減らすことが大切です。何気なく触ってしまうだけでも、まつ毛は抜けやすくなります。癖で何回も触ってしまう方もいるので、意識して触る回数を減らしましょう。紫外線や乾燥などのダメージから守っていくことも大切です。